>

非常に大切な存在になる

栄養バランスを整えよう

虫歯や歯周病などの病気が悪化した場合は、歯が抜け落ちてしまいます。
そしてそのままにしておくと、食べ物をうまく噛めないという問題が生じます。
特に固いものを噛むことができず、常に柔らかいものを食べるようになるでしょう。
毎日同じようなものばかり食べることが原因で栄養が偏り、栄養失調になるリスクがあると忘れないでください。

ですから長く健康に生きていくために、歯を維持することが欠かせないと言われています。
また歯がなくなると、肉や魚を食べられなくなる人が多いです。
そのためタンパク質の摂取量が極端に減り、筋肉が低下し足腰が弱くなります。
自分の足で歩けなくなるかもしれないので、栄養バランスを考えた食事を摂取しましょう。

歯を失った場合

もし歯を失ってしまった場合は、代わりの歯を埋め込んでください。
そうすることで、これまでと同じように何でも食べられるようになります。
代わりの歯を埋め込む方法として入れ歯や差し歯、インプラントという方法が挙げられます。
手軽かつ費用が安いのは入れ歯で、利用する人が多いですが、毎日外して消毒をしなければいけません。
つまり、管理が大変というデメリットがあります。

それが面倒だと思ったら、多少費用が高額になりますが、インプラントを選択するのが良い方法です。
インプラントは他の方法に比べてかなり丈夫な歯を埋め込み、固い食べ物を噛んでも壊れることはありません。
管理も、普通の歯と同じように歯ブラシで磨けば良いだけなので簡単です。


この記事をシェアする