更年期障害にお困りなら【サプリで症状を緩和させよう】

更年期の人にはマカを使ったサプリがおすすめ

ホルモン補充治療のメリットとデメリット

メリット

更年期障害に関するほとんどの症状が軽減されたり改善されることがあります。また、短期間で効果を得ることができ動脈硬化や高脂血症の予防も期待できます。

デメリット

乳癌や脳卒中、肝機能障害などの病気になる可能性が高まると言われています。特に乳癌の場合は、数年間にわたって長期使用すると発症率が高まる可能性があります。

更年期障害におすすめのサプリの原料3選

no.1

マカ

最もおすすめなのがマカです。マカは大地の栄養素を全部吸収してしまうために栄養素がとても高くなっています。自律神経系の乱れや抑うつに効果があると言われています。また、月経障害にも有用性が一部認められています。

no.2

高麗人参

マカについで高麗ニンジンがおすすめの原料にランクインしています。ビタミンやミネラルだけでなくジンセノサイドという成分がたくさん含まれています。ホットフラッシュや血流の改善に効果があります。

no.3

大豆イソフラボン

ポリフェノールの一種で、2種類ある中でもアグリコン型がいいでしょう。もうひとつのグリコシド型の場合、腸内でアグリコン型に変化させないといけないからです。そのため、大豆イソフラボンが使われているサプリはアグリコン型のものを選ぶといいですね。

更年期障害にお困りなら【サプリで症状を緩和させよう】

医薬品

更年期障害の原因

更年期障害は、女性ホルモンの分泌が減少したことが原因で起こることが多いのですが、社会的要因や心理的要因もあると言われています。閉経前後である45~55歳前後で発症することが多いでしょう。

更年期障害の治療

更年期障害を発症したことで、重度の場合は治療が必要ですがその割合は20%程度です。その治療にはホルモン補充や抗うつ剤が処方されることがあります。しかし、副作用が出る可能性もあるので、それが心配な人はサプリメントを使ってみるのもいいでしょう。

広告募集中